家計とは別にお小遣いの財布があるイメージで無駄な買い物ができないシステムを習慣化しながら節約

私の節約法は、家計とは別に自分のお小遣いをはっきり分けることです。そして、そのお小遣いの帳面をつけるのですが、これはまあ簡単に、いくら使ったということと、レシートを貼っておくということです。特に厳密に計算はしません。

ではどこが私独自かというと、自分の中でお金を管理する人と、使う人という二つの役割をイメージで分けることです。つまりまずお小遣いの袋を作って毎月そこに入れていきます(毎月足していくというイメージです)。そして自分のお小遣いで買う物はその範囲でまかなうのです。

なにかを買うの時でも、お財布の中には、お小遣いとしては最低限の現金しかいれません。たとえば、5000円とか。そして、お金を管理する側としては千円札4枚、5百円玉1枚、百円玉5枚とか支払いやすくしておくのです。買い物をするときは「5千円しかない自分」というもうひとりのパーソナリティで買い物します。足りないときは家計から借りるという考えかたですね。

そして、一日の終わりにはお小遣い帳をつけて袋(財布)の中の残高を数え、また、次に買い物をする時のために千円札4枚などなどそろえるのです。毎日の端数は「1円玉」「5円玉」「10円玉と50円玉」「百円玉」「5百円玉」の小袋を作って(古いポーチとかでもいい)そこに入れておいてもいいかもしれません。

できれば家計とお小遣いの財布を分ければいいかもしれませんね。私は分けています。面倒くさいみたいですが、実際にやってみると身体で覚えてしまうので、自動的にできるのです。要は「お小遣いはこれだけよ」ということを習慣づける、使い過ぎないシステムを習慣づけるということかもしれませんね。どうか参考になさってくださいませ。

我が家で行っている「小銭貯金」

我が家で昔から行っている「小銭貯金」という貯金方法を書きたいと思います。

誰が最初に始めたのかは私の知るところではないのですが、我が家では買い物の時になるべく小銭でのおつりが出ないように買い物をして、ひと月が経過したらお財布の中にある小銭を「100円と500円以外 すべて貯金箱に入れる」という貯金をしています。

方法としては、それだけです。家族を父、母、娘(息子)の三人家族としても半年ほどで案外多い額が貯まります。うちではその貯金から、一年に一度だけ「ちょっとした欲しいもの」を一人一品だけ購入しています。

ちなみに最初に省いた100円玉と500円玉はおつりとしてもらう枚数、回数が多いので心もとない時にはお財布に入れたままにして置いていますが、「これだけあれば十分」という額をお財布に入れたら、残りはコインケースに入れて貯金しておくようにしています。こちらでは続きものの小説や、月刊誌など継続して買うちょっとしたものの費用にしています。

毎月のことですから、自分の手持ち金を使うにあたって計算して買い物をしたり、おつりが出ぬようにしたりと、貯金できると同時に節約にもなります。

誰かの生活の何かの参考になれば幸いです。案外 貯まるので貯蓄が好きなひとは楽しいかもしれませんよ。

1ヶ月の収支の振り分けで節約成功

今までは漠然と出て行った費用がいくらくらいか、入ってきた費用はこれくらいかという程度で、ずさんな管理で結局給料日前になるとギリギリの生活という事が続いていて、気づけば貯蓄もほとんどできておらず、将来への不安が募り始めてアプリで管理を始めようと決意したのが節約するきっかけとなりました。

ノートとかに細々と日々記録するのは面倒が嫌いな私にとっては三日坊主で終わってしまうのはわかっていたので、アプリで手軽なものを探して使う事にしたのです。

項目も大雑把な本当に数字を入れるだけといったシンプルなものでしたが、給料日からスタートして1ヶ月続けました。

その期間には、1ヶ月の生活費として引き出したお金をジャンル別に封筒に振り分けて、そこから出費をする事をしました。

例えば、タバコとガソリンという封筒を用意して、そこからはタバコとガソリンの時しか出さないというシステムです。食費は食費と交際費に振り分け、それをアプリで管理しながら同時進行でやったところ、給料日前でもある程度お金が手元に残り節約に成功しました。

恐らく、この封筒からはこういう時しか使えない、この封筒の中は残りはこれだけしかないというのが毎回把握できるようになったからだと思います。その封筒の残りを見て、これだけしか残っていないから給料日まではこうしよう!という気持ちも出てきて、自然な形で節約ができました。

今では継続して半年が経過し、少しずつですが貯金箱に貯蓄ができてきています。

貯蓄をするには、貯まることを楽しむ

貯蓄をしようと思ったときに、どういうメンタルで行うと貯まりやすいのか、私の場合はとにかく貯まることを楽しむという気持ちです。毎月お給料が入ると、いくら分は貯金に回すと決めて行っています。ときには、支払いなどがあり、決まった額よりも少なくなってしまうこともありますが、なるべく決まった額を貯金します。そのときに、通帳記入をするようにしています。通帳は持ち歩くのが面倒だと、ついついしばらく記入しないこともありますが、通帳記入をしたほうが、貯まっていくことを実感できるので、より楽しさを感じます。

できれば、貯金専用の口座を設けておくと、そこからは引き落とさないようにできるので、より貯金だけに集中できます。いつも通帳記入していると、無駄に引き落としてはいけないような気持ちになるので、その口座はよほどのことがなければ貯まり続けます。最初はそれこそ千円くらいから始めた貯金が、桁が変わってくると非常に嬉しいです。

とはいえ、人に言えるような額ではないですが。それでも、毎月微々たる額であっても、増えている貯金がある安心感はあります。貯金をすることを楽しむことで、日々生活において、何かの時には貯金があるという安心感が生まれるので、これからも楽しみながら頑張りたいと思います。”

効果的な節約・貯蓄の方法

ここでは、実際に私が実践したことを紹介させていただきます。

まず、何のために節約するのか、いくら貯蓄したいのか、目標を定めることが大切です。

当たり前ですが、設定金額が低ければ低いほど実践は簡単です。ただ、一つ一つの積み重ねが大きな節約・貯蓄につながりますので、頑張りましょう。

特に目標が無くとも、以下のものであればすぐに実践が可能です。

・インターネット、スマートフォンの契約見直し

どちらも、契約手続きの煩雑さに尻込みしてしまいがちですが、実際にやってみると非常に簡単で、フルタイムで働いている方でも、週末にまとめてやってしまうことが可能です。

現在、大手の3社でスマートフォンを契約している方は、面倒だと思わずに、まずは格安simの情報を検索してみてください。

ナンバーポータビリティを使えば電話番号は引き継げますし、キャリアメールを使える格安sim業者もあります。

一台当たり5000円以上節約できるケースもありますので、家族で2台以上契約していれば、一家で一万円以上の節約が可能です。

実際、私も大手から格安simに変更して、色々なサービスを付加し、出たばかりの新しいスマートフォンの分割支払いも含めて、かなりの節約を実現しました。

さらに、自宅のインターネット回線の見直しも含めて、合計12,000円の節約を実現しました。

節約をしたいならば、自炊をするに限ります。

様々な節約術が世の中にはありますが、そういったものを片っ端から集めていって実践していくのは結構骨が折れます。

1番簡単に出費を減らす方法としては、自炊を始めることがいいのではと感じています。

外食をしようと思い、ファミリーレストランなどに行けば一回で1000円ほどは軽く飛んでしまいます。

家でゴハンを作れば、1000円分の食材を消費し終えるのに、しばらくは日数が掛かります。肉などばかり買えば、1000円分では2、3日で終わってしまうかもしれませんが、それでも9食分はまかなえていることになるのです。これだけを比べてみても、いかに外食が高くつくものであるのかが、よく分かりますでしょう。

ですが、いくらお得だと言っても、自炊を一度もしたこと無い人は料理をすることを躊躇してしまうかもしれません。しかし今は、インターネットで簡単にレシピを調べられますし、野菜の切り方1つから解説されてあるサイトが複数存在します。ネットで探せば、料理の仕方なんて幾らでも見つかるのです。

自分も、最初は包丁の使い方すらままならない状態だったのですが、今ではそこそこに何でも作れるようになりました。

お陰で、家で何かと作って食べるようにしているので、昔に比べて食費が抑えられています。ぜひ、自炊をする習慣を身に付けましょう。

掃除をして、きれいにしながら使えるものを探そう

家の中の掃除をしていると、いままで使ったりしなかったものやしばらく使っていなかったものが出てきたりするものです。

出てくるについて単に捨てるだけではなく、これを有効活用することで掃除をしながら節約に使える可能性があります。

例えば、使いかけのノートやメモ、ペンなどといったものはよく見かけるでしょうが、こういったものも新しく買うよりもまだ使える状況であるなら

そのまま一か所に集めてどんどん利用するようにしていけば、その分節約になります。

ティッシュやタオルなどもその場で掃除用具の代替品として利用することも可能ですし、

今後利用するために保管することもできますので、この際に一気に利用しましょう。

また、使っていないような鞄、靴、スポーツ用具、貴金属などといったものは売却できる可能性があります。

保存されていた状態にもよりますが、者がよければかなりいい値段で買い取ってくれるような可能性もありますので、

すぐに捨てずに売ってみたりすると思わぬ収入が得られる可能性も否定できません。

売れそうなものがあったら、一気にリサイクルショップに持っていく分を売ってみたり、インターネットでオークションに出してみるといいでしょう。

家族にバレずに賢く節約する方法

節約、倹約は毎日の生活の中で多くの人が実践していることだと思います。ただ、一歩間違えるとその節約が家族にとって居心地が悪くなったり、侘しい思いをしたりと、心が荒むような事になってはいけないと思います。家族にバレずに賢く節約しなければいけないと思います。節約には、してもよい部分としないほうが良い部分とあります。

固定しにくい部分ではありますが、生活費を左右する食費。これを削る方は多いと思いますが、意外と食品の質を落とさない方が節約になるのです。家での食事に満足できないと家族が外食をしたがります。外食ばかりだとかなり家計を圧迫します。家で我慢をして食べるようになります。3度の食事が楽しみでなくなるのはお母さんにとっても寂しいことですね。だからといって、上限もなく食費に注ぐと貯蓄はできないのでほどほどに。

そして、食費以外に節約できることはたくさんあります。保険や住宅ローンの見直し。お風呂の残り湯は洗濯に使う、庭の木の水やりに使う。電気を小まめに消し、コンセントは使わないものは抜いておく。こういう小さな事の積み重ねを色々見つけ出せば節約になります。こういう事なら家族にも負担はありません。また、家族に強要しないことが大事だと思います。小言を口うるさく言われるのは誰でも嫌だと思います。こうして生活費全般をみて、バランスを取ることが大事だと思います。

リーズナブルなアイテムを買って節約するための秘訣

貯蓄を増やしたいけどなかなか増えない理由は、余計な支出を減らす工夫が足りないからです。節約というとコツコツするのが面倒くさいとか、たいしてお金が増えないと思われがちです。しかし、ちょっとだけ意識を変えて節約することで、知らない間に大きく貯蓄を増やすことが可能です。簡単にできる節約の方法は普段良く使うアイテムをなるべく安いショップで買うことです。家電や食料などを扱うネットショップの中には定期的にセールをしているところがあり、実店舗よりも安くほしいアイテムが買える可能性がありお得です。

そのため、いくつものネットショップに登録しておき、一番安く買えるショップで買うといいです。安いセールの情報をいち早く知りたいときは、激安情報を配信しているブログを参考にするといいです。消耗品を買うときには100円ショップで探すことも大切です。賢く100円ショップを利用することでかなり節約できます。また、中古のアイテムは新品よりも非常に安いのでフリマアプリを利用してみるといいです。フリマアプリを利用すれば商品を買うだけでなく自分で売ることも可能なので、使えるけどいらないものは捨てずにフリマアプリを使って売ってみると利益を得る事ができます。

スワップポイントでコツコツ貯める!

銀行残高、いくらくらいありますか?利息でどのくらいふえたでしょうか?日本は長くゼロ金利政策を続けていますから、現在の利息はどこの銀行も限りなくゼロですよね。そこで、地道にお金を増やす手段としてオススメなのがスワップポイントです。

 スワップポイントは、それぞれの国の通貨の金利の差を埋めるための補助みたいなもので、外国との為替で利ザヤを稼ぐ、FXの口座で手に入ります。「外為〇〇」などのブランドで有名なあの会社などが手掛けているサービスですね。FXの会社ごとにスワップポイントの金額、通貨を交換したときの手数料などは違ってくるので、自分の使い方に合った会社で口座を作らなければいけませんが、今の相場だと、例えば南アフリカ共和国は利子が非常に高いので、FXの口座を開いて、日本円を南アフリカの通貨に換えて保有していると、毎日利息差分のお金が口座に貯まっていくのです。

 FXというと投資のイメージが強く、お金を多く持っている人が更にお金を増やす手段として使っているイメージが強いですが、きちんとリスクを理解して堅実に運用していけば、元手資金がない人でもお金を増やすことができます。銀行預金の利息が限りなくゼロの今の時代だからこそ、口座を持つだけでもやってみて損は無いかもしれません。