塵も積もれば大きな節約

 専業主婦として家計を預かっている私。以前は、お金があればあるほど使っていたのですが、子どもが大きくなるにつれ、今後の教育費に不安を覚えるようになっていました。そこで、一念発起!「節約して貯金するぞ!」と張り切りだしました。

 一番最初に手を付けたのが携帯代。パソコンやタブレットなどを含めて5台もある我が家の携帯代は月3万を超えていました。格安スマホは嫌だったので、何か節約する方法を考えたところ、携帯電話が壊れた時の保険など使わないものにお金をかけていたので、余分なものを取り外し、ひと月の携帯代が2万2千円まで落とすことができました。

 家族も応援してくれるようになりましたが、体力仕事の主人と野球部の長男は2人で4人前食べるので、計7人分の食費は削ることはできません。そこでお菓子を買うことを控えました。月半分くらいの節約になったと思います。常に常備していたお菓子が減ったので、「何かない?」と言われることが増えましたが(笑)。

 それから、日用消耗品も塵も積もればで、大きな節約になります。例えばゴミ袋。これも年間通して考えると結構な出費です。私は、ゴミ袋がパンパンに詰め込んで出すようにしました。それで年間で1000円も浮いたのです。

 最初は大変でしたが、慣れてきて、通帳を見ることが楽しくなりました。これからも家族で節約頑張ります!

私は出産費用を抑えるために、メルカリを利用して少しでも安く出産前準備を行いました。

私はもう臨月を迎える妊婦なのですが、出産準備って何かとお金がかかると思うんです。そんな時に、私は定価で買うことをしないで、少しでも安くすむように、節約が出来るように、メルカリを今回は利用しました。必要最低限買わなければならないもの、例えば、子供用のバスタブや湯温計、それからオムツやおしりふき、など、色々とあると思います。それを定価の半値くらいで売られていたものがあったので、買ってしまいました。特にバスタブは、定価二千円のところを八百円で買えたりとてもお買い得でした。結構赤ちゃん用品ってその時時のものですから、すぐに使わなくなってしまうんですよね。

ですから場所も取るし、いらないものはどんどん必要な人に渡すのが一番いいと思っています。そんな中メルカリでそういうことが出来て、私はものすごく節約になっていると思います。私も使い終えたらまたメルカリに出品して、必要とされている方に届けたいと思っています。今回何を買ったかエクセルにひょうにしたのですが、思っていたよりも安い値段で出産準備が出来たのでとても嬉しかったです。細々したものが多かったりしますが、それをすべて定価で買っていてはやっぱり値が張るよな、と思えた1日でした。

主婦の節約術!無理せず無駄をとる

電気代の節約

家はオール電化で節約する前の電気代は家族4人の世帯でおよそ20000円?25000円でした。これは少しきつい金額と思い色々と考えてみました。

冷暖房は小さな子供がいるので抑えられませんのでお風呂に目をつけました。家は私と子供2人は夕方、夫は夜勤帰りの朝(10時頃)入るのでお風呂を1日に2回いれかえてました。

これはもったいないと思い、私と子どもたちが入るときに入れ替えをして、あとは追い焚きをしてもらうようにしました。

そして冷暖房は起きている間は極力1つの部屋でみんなで過ごすなどして節約に努めました。すると翌月にきた電気代は5000円ほど減っていました。

食費の節約

私がやった食費の節約方法は毎日買い物に出ないということ。業務用スーパーなどで買いだめして冷凍しときます。

節約前は毎日買い物に行っていましたが、これが落とし穴です。やはり買い物に出ると必要以外のものも買ってしまいます。特に子供を連れていけば必ずお菓子をかわされますので、食料品のまとめ買いは家にとってはかなり効果的な節約術でした。1万円ほどの節約ができました。

節約、節約と言われている昨今、無理に何かを削るんではなく、無駄を削って上手に節約できると嬉しいですね。  

業務スーパーを利用して食費を節約

業務スーパーは、あまりなじみの無い方もいらっしゃるかと思いますが、飲食店などの業務用だけではなく、一般のお客様歓迎で利用出来ます。業務スーパーで買って良かったものをいくつか書いていきます。

豚挽き肉400g 300円

友人と自宅で餃子パーティーをする為に購入しましたが、餃子の他、マーボー豆腐やハンバーグにしても美味しかったです。100g辺り100円以下で、2人家族なら、2回分の食材で、あまり無駄にならずにおすすめです。

パック入りではなく、袋入りですが、2回で使い切れば、小分けにしたりしなくても問題はありませんでした。

納豆3パック42円 タレ付き、タレ無し両方の種類があり、普通に美味しかったです。

ニンニク、生姜チューブなど 1本84円 100円ショップや、ドラッグストアよりも安く購入出来て、お得でした。

スライスチーズ20枚 185円 チーズトーストや、サラダ、料理にも活躍しました。業務スーパーオリジナルのもので、コストパフォーマンスが良くて、人気の商品で、度々売り切れていることもありました。

片栗粉100g 69円 これも、100円ショップや、ドラッグストア、スーパーよりも安くてお買い得でした。家庭用に少量のサイズがあり、使い勝手が良いです。

他にも、色々とありますが、実際に買って

良かったものを挙げて見ました。

お~いお茶1年で50,000円

会社で事務所で仕事をしています。出張はありますが、そんなに多くはありません。毎月の小遣いはそんなに多くはありませんがなんとか足りてます。しかし、まとまったお金はなく、欲しいカバンや財布など小物好きな私にとっては、妻にもいいにくく、ずっと我慢してきました。

でも、見つけてしまったのです。 欲しいカバン 。

すぐになくなるような物ではないので、少しずつ貯めて購入しようと考えました。さてどうしたものか? 子供じゃあるまいしとは思うのですが、妻と買い物に行った際に『おーいお茶さらさらパウダー50杯分』 が目にとまりました。そうだ。 妻に隠れて そっとレジを通して買いあくる日会社にもちこみました。

会社にはポットがありいつでもお湯は使えます。 そうです。 いつもペットボトルのお茶(コーヒー)を買って飲んでる分を会社の引き出し貯金しようと考えたのです。

買う と決めたら 160円引き出しに入れで マグカップで粉いれてお湯注ぐ、 最初は続くかな~ と思いましたが、 これがそのうち楽しくなってきて、日によって

濃くしたり 薄くしたり これもいい、約1年 今 50,000円を超えてきました。その間買ったおーいお茶のパウダーは3個 (1500円ほど) これが50,000円 です。

まだ カバン買ってはないですが、 これはこのまま続けようと考えてます。

よくよく見ていると計算が合わない商品。

アプリで不要な物を売買が出来る様になって何年も経ちます。

私は普段切手をよく使う方ではないのですが、切手をよく使う人にとってはクレジットカードで購入する事も出来るのでポイントが貯まって魅力だと思います。

又、その価格も魅力の一つです。

流石に300円では額面割れを購入する事は出来ないのですが、1000円以上になると額面割れも出来てきます。

1050円分程度ならば出品者の方によっては1000円程度で販売されている方もおられます。

切手は定形外の商品を送る時に貼る事が出来るので結構利用出来ます。

又、人によってはかなりのうっかりさんもいる事がここ数年利用していて分かりました。

写真と額面、枚数を記載されている中には数を計算し間違えている人もいるのです。

人によっては300円も大きく値段をミスし、そのまま売っている人もいます。300円下げた状態でも額面割れをしているので、かなりお得です。

指摘をしてあげる方がいいのか、そのまま購入してしまうのかは倫理面に関与するとは思いますが、基本的に間違えていた自分に非があると感じられ、そのままの額面で発送してくれます。

そんな事は郵便局で切手を買った際には起こらない事です。そんな部分もフリマアプリは節約の一助になります。

千里の道も一歩から

若いころ、宵越しの金は持たないではありませんが、給料はあるだけ使ってしまう生活を送っていました。

毎月、少しづつ積立貯金をしようとするのですが、何のかんのと理由をつけて取り崩してしまいます。

それを何度か繰り返すうちに、貯蓄そのものに関心がなくなっていきました。

数年前から、一念発起して毎月定額の貯蓄をするようになりました。

まだ1年半ですが、数十万円単位の余裕資金ができました。

ここでポイントになるのは給料が入ったら有無を言わせず強制的に貯蓄に回してしまうことです。

それから、もう一工夫をくわえました。

資金を管理する口座を3つに増やしました。

一つめは、いつでも引き出せる生活費等に充てる資金

二つめは、何かあったときに取り崩して使うことを想定した資金

三つめは、長期的に使う予定がない資金

今までは、一つ目と二つ目のサイフしかありませんでした。

それゆえ、何かあるとつい取り崩してしまい、いつの間にか残高が少なくなってしまいました。

その残高を見て貯蓄への意欲が萎えてしまい続かないということを繰り返していました。

今は、二つ目の資金を一手以上上回ったらその分を三つ目の資金に回します。

これだと、いざというときに取り崩すのは二つ目までで、三つめは無事に残ります。

口座を分割することで面倒はあるのですが、その面倒のおかげで今のところ3つ目の資金に手を付けずに済んでいます。

目的別の口座をつくるというのも節約の一つの方法ではないでしょうか。

ずぼら主婦の私にでも出来た簡単節約術

私は30代の専業主婦ですが、本当は働きに出たい所ですが子供が小さいのでまだ本格的には仕事はしてないため、

夫の給与のみが現在の収入源なので正直、家計は楽ではなく月の貯蓄額もそれほど多くはありませんでした。将来の子供達の学費や住宅ローンのため、貯蓄をしなければと決意したのですが、色々試しましたが飽きやすい性格のためなかなか長続きしませんでした。

その中で数少ない成果が出た節約方としては、貯蓄と生活費の口座を分けて、給料が入ったら強制的に給料の2割~3割程度貯蓄の方にお金を入れてしまう方法です。

後で余ったら貯金という方法は、結局お金はあると使ってしまうため、なかなか上手くいきませんでした。しかしこの方法だと、先に貯蓄分を抜いてしまうから後は残ったお金でどう生活していくか考えるだけなので、勝手にお金が気づいたら貯まってる感じでした。貯蓄の口座の方は簡単にはなかなか下ろせないような定期預金等なら尚いいようです。

ただし、切り詰めすぎるとストレスもたまってしまうので、まずは少しづつにし、慣れてきたら貯蓄の金額を増やしていきました。こうすることにより、無理なく貯蓄も出来、月の生活費でどこをどう節約すればいいのかを以前より考えるようになりました。貯蓄額がふえるとドンドン楽しくなってきたのでこの方法はおすすめです。

飲料代の節約で積み重ね

私は、現在、いろいろな節約を行っていますが、その節約の中の最重要ポイントとして行っているのが「飲み物代の節約」です。

日々、会社にいても家にいても飲み物は必須です。

そして、会社にいると、入り口には自動販売機が3台も並んでいますし、その中身も興味をそそられるものも沢山陳列されています。

また、近くのコンビニにも多くの飲料品が陳列されています。

手軽にどこでも飲み物を買うことができるからこそ、ついつい購入してしまっていたのです。

やはり、この飲料品の購入費、塵も積もれば・・ではないですが、購入金額を1ヶ月間ノートに記録してみたら、1ヶ月間で、結構な金額になっていたのです。

そこで、外で1本だけで飲料品を購入するという行為を止め、水筒持参の生活を実行してみました。外で買わなくとも、家から水筒を持っていくことで喉はうるおすことができます。

毎日150円のペットボトルを買っていたとしたら、月に4500円も飲み物に払っていることになるという事を、改めて考え直してみました。

ここを節約し、その分貯金をする様にしたのです。

そして、家からお茶を持参するのが飽きてきたら、ドラッグストアやスーパーで、ペットボトルをまとめ買いする様にして、マンネリ感も無くすことで、この節約も長続きできるようにしています。

1週間お金を決めて節約

私は家計簿をつけているのですが、最初は1ヶ月まとめて家計簿をつけていました。しかしいざ1ヶ月まとめてつけるとなると、沢山のレシートをまとめるのに時間がかかり、家計簿をつけるのが面倒くさくなってしまいました。

また、1ヶ月で使うお金を決めていたのですが、後半は結局足りなくなってしまいお金を補充することがよくありました。

そこで家計簿をつけるのを1週間ごとにして、使うお金も1週間ごとにしました。

そうすることで、1週間ほどならレシートも少なくすぐまとめられることができ、家計簿をつけることを楽に続けられました。最近した買い物のことも覚えているので、無駄な買い物をしてしまったこともわかりやすくなりました。

また、使うお金も1週間ごとにしたおかげでお金をどれくらい使っているかがわかりやすく、お金を使い切らずに1週間過ごすことができました。お金を補充することも減りました。

私には1週間ごとのペースが楽で、節約につながりました。

反省点は、1週間で余ったお金を少し良いものを買ったり、外食をしたり使い切ってしまうことが多くなってしまったことです。

そこで、これからは余ったお金は千円貯金など低い額の貯金をして、貯金を頑張りたいと思っています。