赤ちゃんにかかるお金を徹底カット

子どもができると、予想よりも多くのランニングコストがかかるものです。「小さい子どもが使うものだから、あまり安物は選びたくない」と思うのが親の心情で、食べ物や衣類・おもちゃなど、一つ一つ納得のいくものを選んでいるとバカにならない金額になってしまいます。さすがに食事関係をケチるわけにはいかないので、わが家では衣類とおもちゃにかかる費用を徹底して節約しています。

まず衣類ですが、赤ちゃんは成長が早いので同じ服を着るのはほんの一瞬。吐き戻しや食べこぼしなども頻繁にするので、こだわってかわいいものを買ってもなかなか元はとれません。そこで1シーズンに1着だけよそ行きもできる服を買い、あとは全て古着で済ませています。友人からお古をもらったり、子ども服の古着コーナーで格安服を買ったりすれば、家計にやさしいですし万一汚してしまった時もピリピリせずにすみます。

オフハウスではベビー服がかなりお安く買える上、よそ行き用に買ったベビー服やマタニティーウェアなどを買い取ってくれるのでとても助かっています。

おもちゃなども、短期間しか使わないものが多いのでオフハウスで中古品を安くゲットして活用しています。

子育て中はずっとかかるコストだからこそ、張り切りすぎず上手に中古を取り入れることで、かなりの節約ができますよ。