無理なく節約をして貯蓄をする工夫

私は毎月の貯蓄額を決めていません。毎月どれだけ貯金をすると目標を決めている人も多いとは思いますが、私は毎月のお給料が1.2万程変動することがあり、どうしても目標を決めてしまうと自分自信がしんどくなってしまうからです。そのため1年に50万貯金をすると目標を決めています。

毎月、お給料が入ると光熱費、通信費、家賃をまとめて別口座に入れます。

そこから残ったお金を計算して、食費、雑費を抜き封筒にうつしかえ自宅で保管しています。

毎月、食費も変動があると思います。飲み会が多かったり友達との付き合いもあったりするのでそのように出て行くお金はケチらず使うようにしています。

ただ、自炊出来る日は安いものを見つけて買うようにしています。一人暮らしのため野菜などはまとめ買いせずその日に使いきれるようにしています。冷凍保存できるものはまとめ買いをしています。ただ、食費に関しては毎月節約をしてもそんなに大きな額にはなりません。

一番お金を使ってしまうのは雑費です。化粧品や洋服などにお金がかかってしまいます。

そのため毎月1.5万までと決めています。毎月買うわけではないので1万しか買わなかった月は残りの5000円を貯めて次の月に回しています。

本来は5000円残ったら貯金口座に入れる人が多いとは思いますが、私は一度貯金口座に入れたお金は引き出さないというルールを決めているので、残ったお金は封筒で貯金して貯まった時に大きな買い物をしたりして工夫をしています。

貯金口座は別に作り、そこには入金のみしかしないルールを決めておけばどんどん貯まっていきます。

毎月の給料の中から余ったお金は全て貯金口座に入れるようにしています。

リストラ!ここから私の節約生活がスタートした

1年前に会社をリストラ同然で退職を余儀なくされて以来、我が家には「節約」というキーワードは家訓のようなものとなっている。

収入が以前の半分以下になってしまったのだから、やれることは何でもやらなければ生きていくことができない。

まずは、固定費の大きな部門を占める生命保険と自動車保険から着手した。

共にインターネットで資料一括請求を行い、どの会社が一番自分の想定する最低限のラインの保障をしてくれる商品があるのかを調べ、質問をした。

また、保険ショップは一つのお店で複数の保険会社の商品を提供してもらえる利点があるのでこれを使わない手はないと思い、そちらにも相談に行き、ベスト商品を選んでみた。結果、年間にして、生命保険で8万円、自動車保険で2万円節約することに成功した。

普段の生活で食費はかかすことができない。人間、食べることをしなくて済むのなら、ずいぶん生活費も切り詰められるだろうにと思いつつそうも言ってられないので、まずは肉類を大幅に減らし、野菜中心の生活にしてみた。当然、折り込み広告をチェックし、少しでも安いものを購入する意識に徹し、さらにカミさんの考案メニューなどにより一日の食事に関する経費をいままでの半分に抑え、月にして3万円の経費節減に成功。これはダイエットにも効果を発揮し、大変ありがたい副産物的効果を得られた。

今、検討している次の節約ターゲットは携帯電話。スマートフォンは月々の料金が高いので、なんとかこれを攻略したいと思っている。