家計簿をつけてるように節約する考えになる。

私は住宅ローンもあり子供も四名いるため節約をするにはどうすればいいか、貯蓄を増やすにはどうすればいいかを常に考えていました。いつもネットでそういった情報を探したり銀行によく置かれている雑誌の特集、節約、貯蓄について目を通していました。その中でみつけたのが携帯アプリのDr.Walletというアプリです。そのアプリが無料なのにすごいんです。よく昔から節約するには家計簿をつけなさいといわれていました。そうすれば不必要な出費がみえてくるからと。でも家計簿をつけるなんてとても大変です。月ごと、項目ごとにでたレシートを精査していくなんて。ところがその携帯アプリDr.Walletが煩わしいことを一気にやってくれるのです。 本人がやるべきことは買い物などで貰ったレシートをDr.Walletからひらいたカメラで映して送信するだけなんです。すると家計簿のように利用した月、項目ごとに表してくれるのです!

しかも円グラフ、棒グラフで表示されるのでパッと見ただけで今月何にどれだけ使っているのかが一目瞭然なんです。このアプリには収支と支出がでるようになっているので、収支を自分で入力してしまえば今月は赤字なのか黒字なのかもすぐわかります。私は収支は面倒なのでいれてませんが、、、でもこのアプリは無料なので周りの方にいろいろおすすめしています。今ではこのアプリを利用して毎月の出費が以前よりおさえられているのが実感できており貯蓄も増えてきてます。

意外とアナログな方が貯まるかもしれません

節約の上で多くの人が貯蓄に励んでいたりすると思います。しかしながら、貯蓄というとなるべく最初からお金を使わないといった我慢を強いるものが多くて、多くの人は辛いと感じるものかもしれません。

その中で、おすすめなのがアナログなため方です。一番有名なところだとブタの貯金箱とか使って500円玉貯金をするなんてことでしょうか。今は便利なもので、500円玉だけを貯金できるディスプレイタイプの貯金箱などもあり、楽しく貯めるためのグッズも登場しています。

あとはおつり貯金とか、その日の財布にあるだけの小銭を詰め込んでみるとかですね。目の前にあるものなので、無理なくできるはずです。銀行で天引きもいいのですが、目に見えないとなかなか実感がわかない人も多いので、そういった貯蓄法が嫌な人は目に見える形でゲーム方式でためられるように工夫すると長続きします。ゲーム感覚といえば、家族がいる人は子どもと一緒に貯めるというのも楽しいと思います。一緒にスーパーなどに行って、「買ったつもり」貯金なんかすると子どもも面白がります。お菓子を買わない口実にもなるので、節約にもなって一石二鳥です。もちろん、そうした節約部分も家計簿に書いておいて振り返るようにしておくとお金をしっかり貯めることができます。