できるだけ手作りをして節約を行う

新しいアクセサリーを購入したいと思っていても、高いものが多いので購入を躊躇してしまうことが多いです。
実際、手作りのアクセサリーを販売しているウェブサイトを見てみると、かなり高額になっていることが多いです。
だったら自分で作ってしまえばいいんじゃないかなと思いました。

材料も今では100円均一のショップでたくさん取り扱っています。
自作をすることでアクセサリーの購入費を抑えることができます。コストも落とすことができます。
それだけではなく、レベルが上がってきたなと自分でも思うようになってきたところで、販売をするという手段を考えました。
ハンドメイド品を販売できるサイトがあるので、そういうサイトを利用すれば、趣味を収入に変えることができると思います。

アクセサリーだけではなく、お菓子もパンもできるだけ自作をするように心がけています。
そうするとかなりのコストダウンを行うことができるようになります。購入をするのは簡単ですが、作ったほうが安い場合もあります。
道具もそんなに高額ではないものを使っているので、購入するよりは食費も抑えることができています。

自分でできる範囲のことを行うだけで節約にもつながってくると思います。

どうやって貯金するのか?しないのか…

私が100万円を貯めた実話です。当時わたしは、20万円程の給料がありました。でも、なかなか貯蓄が増えなかったのです。

なぜなら、生活費が差し引かれた後の分を貯蓄に、回していたからです。そこで考えたのは、次に5万円は、差し引かれる経費としてから、家系のやりくりをしました。私がやったのは、給料日になると違う銀行の通帳に5万円を移してしまう。ただ、それだけです。そうすると、年に60万円の貯蓄が出来る予定です。後は普段通りに生活費が引かれる口座の残金を、貯蓄用の通帳に入れるだけです。出来るだけ、通帳を使っての出し入れが基本です。

なぜなら、残高、出費、お金の出し入れが分かるからです。それ以前は私は、キャッシュカードでの出し入れが多かったです。仕事がら、キャッシュカードの方がか、コンビニなどお金をおろせるからでした。コンビニですぐに必要なお金をおろせるのは、良い面もありますが、例えばランチに1000円かかるとします。ですが、下ろすのは1万円単位です。そうすると、無駄な出費が増えてしまいます。もちろん、買わなくていい物も買ってしまうし、衝動買いもしてしまいます。だから、毎月残っているお金を貯めるのでは貯蓄は増えないのです。出来るだけ、1週間に必要なお金だけお財布に入れて、(私の場合、6,000円)1週間終わったら、残りを貯蓄用の銀行に入れるという選択が、私には合っていました。後、貯金は貯まれば、貯まる程楽しいので100万円貯まれば後少し…もう少しという感じに増えていくのも、魅力的です。

塵も積もれば山となる?コツコツ貯めて楽しく使おう♪

なかなか、毎月貯金したい!!と思ってもうまくいかないこと多いですよね?先取り貯金も効果的だとは思いますが、こんな貯金方法はどうですか?

我が家では、二人の子供にそれぞれ5000円ずつ貯金をして、後は貯金箱でコツコツタイプです。

初めに、何をしたいのか。なんの為の貯金なのか…とゆうことを明確にして、それを目標に無理なくコツコツ頑張っています。

①500円玉貯金

10万円貯まる貯金箱でまずはスタートしました。目的は家族みんなでディズニーランドに行きたい!!日々できるだけ500円玉は使わないように心がけて、ようやく1年で貯まりましたが…四人かぞく。今年は下の娘も小学生になり、今までより旅費等々若干高くなることもあり…悩んだ結果、その目標達成をより良いものにするために、10万円貯まる貯金箱→30万円貯まる貯金箱へ変更しそることにしまし!!旅行の予定は先伸ばしになりましたが、明確な楽しい目標があるため、楽しく続けられています。

②365日貯金

USJの年パスが家族分ほしくてはじめました。365日でだいたい65000円ぐらい貯まるので、それにボーナスより少し足して家族分の年パス代にあてる目標。今年はそれを達成することができて、無事に年パスをgetし、また来年の年パス更新に使えるように新たに365日貯金をはじめめました。

時間はかかりますが、明確な楽しい目標を決め地道にコツコツやることによって、無理なく夢が叶う貯蓄方法。あなたも1度試してみてはどうですか?

実際にやってみて有効だった節約方法

皆さん節約はしていますか?
本屋に行けば節約のための本がたくさん並び、ネットで検索すれば節約サイトが無数にあります。節約を意識している人がたくさん多いのがわかりますね。
すでにいろんな方法を試して実行している方が多いと思いますが、実際にやって見て有効だった節約方法をご紹介します。

・貯蓄のための口座と普段の引き落とし口座を分ける
こちらは鉄板だと思います。
口座がごちゃごちゃになっていると、貯蓄額が今どのくらいあるのか正確に把握することができません。
そうすると、先々のお金の予定も立てにくいですよね。
貯蓄のための口座は、お金を下ろしにくい条件の銀行にするのもおすすめです。

・予算を大まかに立てる
節約するのに予算立ては必須ですが、ポイントは自分の価値観に沿ったものであるかどうかということです。
節約特集では高額貯蓄者の月々の予算が紹介されていますが、たとえ我が家の世帯収入と同じであっても、参考にする程度で真似をする必要はありません。
食事の質を優先させたいから食費に重点を置く家庭、子供の教育費の割合を高くする家庭、住宅ローンの繰上げ返済を重視する家庭、旅行にお金をかける家庭、様々です。
自分の家族が何を大事にしているのか、それをよく考えて予算立てをするようにしてから、気持ちよくお金が使えるようになりました。

以上簡単に2点を上げてみました。
いろいろと試しながら、楽しく節約ライフを送りましょう。