家計とは別にお小遣いの財布があるイメージで無駄な買い物ができないシステムを習慣化しながら節約

私の節約法は、家計とは別に自分のお小遣いをはっきり分けることです。そして、そのお小遣いの帳面をつけるのですが、これはまあ簡単に、いくら使ったということと、レシートを貼っておくということです。特に厳密に計算はしません。

ではどこが私独自かというと、自分の中でお金を管理する人と、使う人という二つの役割をイメージで分けることです。つまりまずお小遣いの袋を作って毎月そこに入れていきます(毎月足していくというイメージです)。そして自分のお小遣いで買う物はその範囲でまかなうのです。

なにかを買うの時でも、お財布の中には、お小遣いとしては最低限の現金しかいれません。たとえば、5000円とか。そして、お金を管理する側としては千円札4枚、5百円玉1枚、百円玉5枚とか支払いやすくしておくのです。買い物をするときは「5千円しかない自分」というもうひとりのパーソナリティで買い物します。足りないときは家計から借りるという考えかたですね。

そして、一日の終わりにはお小遣い帳をつけて袋(財布)の中の残高を数え、また、次に買い物をする時のために千円札4枚などなどそろえるのです。毎日の端数は「1円玉」「5円玉」「10円玉と50円玉」「百円玉」「5百円玉」の小袋を作って(古いポーチとかでもいい)そこに入れておいてもいいかもしれません。

できれば家計とお小遣いの財布を分ければいいかもしれませんね。私は分けています。面倒くさいみたいですが、実際にやってみると身体で覚えてしまうので、自動的にできるのです。要は「お小遣いはこれだけよ」ということを習慣づける、使い過ぎないシステムを習慣づけるということかもしれませんね。どうか参考になさってくださいませ。

我が家で行っている「小銭貯金」

我が家で昔から行っている「小銭貯金」という貯金方法を書きたいと思います。

誰が最初に始めたのかは私の知るところではないのですが、我が家では買い物の時になるべく小銭でのおつりが出ないように買い物をして、ひと月が経過したらお財布の中にある小銭を「100円と500円以外 すべて貯金箱に入れる」という貯金をしています。

方法としては、それだけです。家族を父、母、娘(息子)の三人家族としても半年ほどで案外多い額が貯まります。うちではその貯金から、一年に一度だけ「ちょっとした欲しいもの」を一人一品だけ購入しています。

ちなみに最初に省いた100円玉と500円玉はおつりとしてもらう枚数、回数が多いので心もとない時にはお財布に入れたままにして置いていますが、「これだけあれば十分」という額をお財布に入れたら、残りはコインケースに入れて貯金しておくようにしています。こちらでは続きものの小説や、月刊誌など継続して買うちょっとしたものの費用にしています。

毎月のことですから、自分の手持ち金を使うにあたって計算して買い物をしたり、おつりが出ぬようにしたりと、貯金できると同時に節約にもなります。

誰かの生活の何かの参考になれば幸いです。案外 貯まるので貯蓄が好きなひとは楽しいかもしれませんよ。

1ヶ月の収支の振り分けで節約成功

今までは漠然と出て行った費用がいくらくらいか、入ってきた費用はこれくらいかという程度で、ずさんな管理で結局給料日前になるとギリギリの生活という事が続いていて、気づけば貯蓄もほとんどできておらず、将来への不安が募り始めてアプリで管理を始めようと決意したのが節約するきっかけとなりました。

ノートとかに細々と日々記録するのは面倒が嫌いな私にとっては三日坊主で終わってしまうのはわかっていたので、アプリで手軽なものを探して使う事にしたのです。

項目も大雑把な本当に数字を入れるだけといったシンプルなものでしたが、給料日からスタートして1ヶ月続けました。

その期間には、1ヶ月の生活費として引き出したお金をジャンル別に封筒に振り分けて、そこから出費をする事をしました。

例えば、タバコとガソリンという封筒を用意して、そこからはタバコとガソリンの時しか出さないというシステムです。食費は食費と交際費に振り分け、それをアプリで管理しながら同時進行でやったところ、給料日前でもある程度お金が手元に残り節約に成功しました。

恐らく、この封筒からはこういう時しか使えない、この封筒の中は残りはこれだけしかないというのが毎回把握できるようになったからだと思います。その封筒の残りを見て、これだけしか残っていないから給料日まではこうしよう!という気持ちも出てきて、自然な形で節約ができました。

今では継続して半年が経過し、少しずつですが貯金箱に貯蓄ができてきています。