これは友人が実際にやっていることなのですが、ありとあらゆるものを使う際に量を半分にすることで節約するというものです。特に二人暮らしの場合に有効なのだそうです。

・レトルトカレーは二人で一袋の半分ずつかける。

半分だと少なく感じますが、多めに入っているものを安売りの時に買っておくと二人で丁度よいのだそうです。カレーに限らずレトルト食品は量が多めのものであれば一人で一袋は使わなくてもそこまで足りなくはないそうです。

・電気代節約のために同じ部屋で過ごす。

一つの部屋以外電気を消し、暖房も冷房もその部屋だけなら安く済みます。部屋のドアなどは極力閉めっぱなしにしておき温度の変化を避けます。人が二人いることで冬場は暖かさが増すそうなのですが、部屋が狭いほうが効果は高いでしょう。

・勤務先は家の近くにするか、自宅でできる仕事にする。

以前友人は引っ越す前に通勤時間があまりに長く時間の無駄と考えていたそうです。通勤時間の短縮はその分自由時間の増加につながるため、その空いた時間で手作りアクセサリーなどを家で作りネットで販売して月のお小遣いが増えたと喜んでいます。掃除などの時間も余裕ができたために物をなくすことも減り、無駄な買い物も減ったそうです。二人暮らしの場合は、お互いの勤務先の中間地点あたりで家を探すとお互いにメリットがありますね。

一人暮らしはお金がかかりがちですが、二人で暮らしている場合はそのメリットを最大限活用することでかなりの節約になるようです。