安定した貯蓄をするなら保険を使う

貯金をする時、銀行に貯金したり、保険を使ったり、株や貯金箱でと、様々な選択肢があります。

貯金でも短期・中期・長期と期間を考えて選択し、1つに絞るのでなく複数の方法で貯蓄していた方が、貯金の目的に合わせて貯めていくことができるかと思います。

今回はその中でも、保険を使った貯蓄についてですが、保険での貯蓄には、個人年金保険、返戻金のある終身型の保険、養老保険などがあります。

長期に対しての貯蓄が多いのですが銀行に預けるよりもメリットがあります。まず利子がいい、分離課税がかからない、また保険料控除によって節税できるという点です。また死亡保障等がある場合、仮にもし突然亡くなったとしても溜まっている保険料以上の給付金が降りるので、自分の将来の積立、死亡保障の両方が準備できます。

ただ、途中解約となると元本割れしてしまうので、これだけは最低将来の貯金に回せるという金額のみ保険に回すといいかと思います。