貯蓄をするには、貯まることを楽しむ

貯蓄をしようと思ったときに、どういうメンタルで行うと貯まりやすいのか、私の場合はとにかく貯まることを楽しむという気持ちです。毎月お給料が入ると、いくら分は貯金に回すと決めて行っています。ときには、支払いなどがあり、決まった額よりも少なくなってしまうこともありますが、なるべく決まった額を貯金します。そのときに、通帳記入をするようにしています。通帳は持ち歩くのが面倒だと、ついついしばらく記入しないこともありますが、通帳記入をしたほうが、貯まっていくことを実感できるので、より楽しさを感じます。

できれば、貯金専用の口座を設けておくと、そこからは引き落とさないようにできるので、より貯金だけに集中できます。いつも通帳記入していると、無駄に引き落としてはいけないような気持ちになるので、その口座はよほどのことがなければ貯まり続けます。最初はそれこそ千円くらいから始めた貯金が、桁が変わってくると非常に嬉しいです。

とはいえ、人に言えるような額ではないですが。それでも、毎月微々たる額であっても、増えている貯金がある安心感はあります。貯金をすることを楽しむことで、日々生活において、何かの時には貯金があるという安心感が生まれるので、これからも楽しみながら頑張りたいと思います。”