節約のためにコンビニ通いを控えました

コンビニは24時間営業で歩いていればどこでも見かけるのでとても便利です。

しかし節約をしようと思うとコンビニは大敵です。

なぜ大敵なのかというと、便利な分ちょっとお菓子を買いに、飲み物を買いに行こうと寄ってしまうからです。

スーパーよりも値段は高いのがコンビニです。

100円の飲み物を毎日1本買う生活を1ヶ月続けると3000円の出費になります。

3000円の出費を1年続けると4万円近い出費になります。

そう考えるととても痛い出費だと思いませんか?

しかも、レジに水1本たけ買うのは恥ずかしいとお菓子やパンをついで買いしてしまったりもします。

そう考えると出費はさらにかさみます。

なので普段仕事に行くときや出掛ける時は飲み物を持参、どうしても飲み物がなくて欲しい時は買いますが急ぎではないときはコンビニではなくスーパーに行くようにしています。

なのでコンビニが近くにあっても立ち寄るのは多くて月に1回に抑える事ができました。

そうすることでコンビニで使っていたお金の大半を貯蓄に回すことができました。

コンビニくらいと思いがちですが、小さな出費が年間で考えると大きな出費になります。

コンビニに行くのをやめるのはすぐにできることなので是非とも実践して欲しいです。

簡単に出来た

コンビニでついつい飲み物だけ買おうと考えてコンビニに立ち寄りますが、コンビニですとついつい“あっこれも!これも!”って購入してしまいますが、本来の目的は、私はよく喉が渇くのでコンビニや自動販売機での飲料水の購入が多いので、どうしたら無駄に使い過ぎないか考えたところ、100円しないペットボトルを購入して飲み終わったものに似たような味の自宅で簡単に作れる飲料水を入れて持ち歩くようにしたところ、コンビニや自動販売機での購入が減りました。

それから、外出時には必ず持ち歩くようになりました。

それと、貯金箱に貯金する事を始めました、貯金の目的は将来に向けて自分の為のですが私のは夢がありまして、その為の貯金です。

私は財布に入れたら入れただけ、いっときの感情で使ってしまう癖があるのでその癖を直すのに思いつく事としてその日に使う分だけいれて残った分を貯金に回すようにしましたら少しづつでは、ありますが貯金が出来て考えて使うようになってきました、私の悪い癖は少しづつではありますが改善させてきました。

飲料水代や、交通費も考えて行けるようになって少しづつでは、ありますが将来の夢に向かって、節約と貯金が出来る私になれてきました。