主婦の節約術!無理せず無駄をとる

電気代の節約

家はオール電化で節約する前の電気代は家族4人の世帯でおよそ20000円?25000円でした。これは少しきつい金額と思い色々と考えてみました。

冷暖房は小さな子供がいるので抑えられませんのでお風呂に目をつけました。家は私と子供2人は夕方、夫は夜勤帰りの朝(10時頃)入るのでお風呂を1日に2回いれかえてました。

これはもったいないと思い、私と子どもたちが入るときに入れ替えをして、あとは追い焚きをしてもらうようにしました。

そして冷暖房は起きている間は極力1つの部屋でみんなで過ごすなどして節約に努めました。すると翌月にきた電気代は5000円ほど減っていました。

食費の節約

私がやった食費の節約方法は毎日買い物に出ないということ。業務用スーパーなどで買いだめして冷凍しときます。

節約前は毎日買い物に行っていましたが、これが落とし穴です。やはり買い物に出ると必要以外のものも買ってしまいます。特に子供を連れていけば必ずお菓子をかわされますので、食料品のまとめ買いは家にとってはかなり効果的な節約術でした。1万円ほどの節約ができました。

節約、節約と言われている昨今、無理に何かを削るんではなく、無駄を削って上手に節約できると嬉しいですね。  

ずぼら主婦の私にでも出来た簡単節約術

私は30代の専業主婦ですが、本当は働きに出たい所ですが子供が小さいのでまだ本格的には仕事はしてないため、

夫の給与のみが現在の収入源なので正直、家計は楽ではなく月の貯蓄額もそれほど多くはありませんでした。将来の子供達の学費や住宅ローンのため、貯蓄をしなければと決意したのですが、色々試しましたが飽きやすい性格のためなかなか長続きしませんでした。

その中で数少ない成果が出た節約方としては、貯蓄と生活費の口座を分けて、給料が入ったら強制的に給料の2割~3割程度貯蓄の方にお金を入れてしまう方法です。

後で余ったら貯金という方法は、結局お金はあると使ってしまうため、なかなか上手くいきませんでした。しかしこの方法だと、先に貯蓄分を抜いてしまうから後は残ったお金でどう生活していくか考えるだけなので、勝手にお金が気づいたら貯まってる感じでした。貯蓄の口座の方は簡単にはなかなか下ろせないような定期預金等なら尚いいようです。

ただし、切り詰めすぎるとストレスもたまってしまうので、まずは少しづつにし、慣れてきたら貯蓄の金額を増やしていきました。こうすることにより、無理なく貯蓄も出来、月の生活費でどこをどう節約すればいいのかを以前より考えるようになりました。貯蓄額がふえるとドンドン楽しくなってきたのでこの方法はおすすめです。

楽して貯められたらそれが一番

主婦にとって節約は日々の悩み事である。

公共料金や家事(水道・電気・ガス)料金等の節約は誰もが少なからず行っているだろう。

旦那様のお給料は奥様のパート代等でやりくりしながら節約をしながら日々暮らしているだろう。

そんな中やりくりしながら楽して貯める方法はないんだろうか?

私は正直面倒くさがりなので続かない節約はしたくないので一番簡単ではないかと思う節約方法としては、500円玉貯金をする事。

これはただ500円玉を貯めるのではなく、日々買い物しながらおつりで500円玉を貰う方法。

通常600円の買い物をしたとしたら1000円出せば400円のお釣りになりますが、私は1100円出し500円を貰うのです。

この方法はかなり使える節約方法であり、かつ貯金も出来るという事になりますから私にとっては一番楽して節約出来る方法なのです。

何にも考えず毎日買い物しながら買い物合計金額プラス500円をレジに出し500円玉を頂く、30日に換算すると15000円になりますからもうここ1カ月でこの金額を節約した事になります。

そう考えると電気代等公共料金を毎月○百円ちまちま節約しているより格段に節約になるのでは?と私は考えるのです。

ですから他の節約プラス15000円の節約で二刀流節約なのです。