節約は毎日こまめに意識して

毎月の収入と支出がトントンの我が家はこまめに節約するように日頃から心掛けています。

たとえば光熱費は意識的に努力するとある程度、抑えることができます。誰もいない部屋の電気を付けっ放しにしないことはもちろん、可能であれば家族がなるべく同じ部屋にいるように努めるなら電気代の節約につながります。また、入浴も皆が続けて済ますことによりガス代を削ることができます。特に寒さの厳しい冬場は、一度冷めた風呂の湯を温めるのにはかなりのガストを使うので、続けて入浴するのは効果的です。

買い物に関して言えば、安く買えるに越したことはありません。大抵のスーパーマーケットでは安売りをするタイムセールの時間が決められており、その時間に買い物するようにしています。特に夕方や閉店間際には賞味期限切れの食品の値段を下げて販売することが多いので、その時を狙ってある程度まとめ買いします。食品は毎日必要ですから少しの違いでも、積み重ねることにより一月で大きく変わってきます。

また、最近100円ショップはどこにでもあり便利で安いイメージがありますが、100円ショップで売っている商品を他の店では100円未満で販売しているという場合もあります。たとえば、石けんや歯磨き粉、ノートなどです。これらは消耗品であり安く買えることに越したことはありません。それで、普段スーパーに買い物に行った時から、その日は必要なくてもどの商品がいくらくらいかリサーチしておくといざ、必要になった時に安く買うことができます。

貯金はそれほどありませんが、普通預金の場合、郵貯銀行が一番利率が高いのでそこ一本に預けています。

いずれにせよ、毎日の小さな積み重ねが大事で、そのためには節約を意識することがたいせつだと思います。