千里の道も一歩から

若いころ、宵越しの金は持たないではありませんが、給料はあるだけ使ってしまう生活を送っていました。

毎月、少しづつ積立貯金をしようとするのですが、何のかんのと理由をつけて取り崩してしまいます。

それを何度か繰り返すうちに、貯蓄そのものに関心がなくなっていきました。

数年前から、一念発起して毎月定額の貯蓄をするようになりました。

まだ1年半ですが、数十万円単位の余裕資金ができました。

ここでポイントになるのは給料が入ったら有無を言わせず強制的に貯蓄に回してしまうことです。

それから、もう一工夫をくわえました。

資金を管理する口座を3つに増やしました。

一つめは、いつでも引き出せる生活費等に充てる資金

二つめは、何かあったときに取り崩して使うことを想定した資金

三つめは、長期的に使う予定がない資金

今までは、一つ目と二つ目のサイフしかありませんでした。

それゆえ、何かあるとつい取り崩してしまい、いつの間にか残高が少なくなってしまいました。

その残高を見て貯蓄への意欲が萎えてしまい続かないということを繰り返していました。

今は、二つ目の資金を一手以上上回ったらその分を三つ目の資金に回します。

これだと、いざというときに取り崩すのは二つ目までで、三つめは無事に残ります。

口座を分割することで面倒はあるのですが、その面倒のおかげで今のところ3つ目の資金に手を付けずに済んでいます。

目的別の口座をつくるというのも節約の一つの方法ではないでしょうか。

どうやって貯金するのか?しないのか…

私が100万円を貯めた実話です。当時わたしは、20万円程の給料がありました。でも、なかなか貯蓄が増えなかったのです。

なぜなら、生活費が差し引かれた後の分を貯蓄に、回していたからです。そこで考えたのは、次に5万円は、差し引かれる経費としてから、家系のやりくりをしました。私がやったのは、給料日になると違う銀行の通帳に5万円を移してしまう。ただ、それだけです。そうすると、年に60万円の貯蓄が出来る予定です。後は普段通りに生活費が引かれる口座の残金を、貯蓄用の通帳に入れるだけです。出来るだけ、通帳を使っての出し入れが基本です。

なぜなら、残高、出費、お金の出し入れが分かるからです。それ以前は私は、キャッシュカードでの出し入れが多かったです。仕事がら、キャッシュカードの方がか、コンビニなどお金をおろせるからでした。コンビニですぐに必要なお金をおろせるのは、良い面もありますが、例えばランチに1000円かかるとします。ですが、下ろすのは1万円単位です。そうすると、無駄な出費が増えてしまいます。もちろん、買わなくていい物も買ってしまうし、衝動買いもしてしまいます。だから、毎月残っているお金を貯めるのでは貯蓄は増えないのです。出来るだけ、1週間に必要なお金だけお財布に入れて、(私の場合、6,000円)1週間終わったら、残りを貯蓄用の銀行に入れるという選択が、私には合っていました。後、貯金は貯まれば、貯まる程楽しいので100万円貯まれば後少し…もう少しという感じに増えていくのも、魅力的です。

貯蓄をする方法

貯蓄を確実にするためには、まず給料(収入)のうちいくらを生活費に回し、いくらを貯蓄にまわすという金額を明確にすることが大事だと思います。具体的な数値を設定しないと、お金をあるだけ使ってしまうことになり、いつまでたってもお金が貯まらないと思います。限られたお金のなかでやりくりすることにより、いろいろな節約テクニックも生まれてくるし、我慢することが必要だと認識することができると思います。

次に、貯蓄において大事なことは、年間の収支見通しを把握しておくことが重要であると思います。車を持っていれば、車検や税金、家などの不動産を所有していれば、固定資産税など、毎年決まったお金が出て行くことになると思います。そういった支出をあらかじめ把握しておくことにより、事前にお金を確保しておくことができるようになり、突然お金が足りないといって騒ぐことも無くなると思います。

次に大事だと思われるのは、節約する努力だと思います。あるだけお金を使ってしまっては、お金は貯まりません。食費、光熱費、通信費などを節約するテクニックが巷にはあふれています。そういった情報を収集し、実生活で活用していくことが、貯蓄のためには必要だと思います。