仕事を失って気づく、お金の大切さ

私は今年になってから、精神面の問題で仕事に行けなくなりました。そうなると、今まで定期的に得ていた収入がなくなり、とにかく節約して、お金を少しでも使わないようにするしかありませんでした。

まず、私が始めたことは、私は一人暮らしなのですが、食費を少しでも減らすことでした。今までは仕事が忙しく、コンビニ弁当や出前ばかりで、1ヶ月の食費が40000円以上かかっていました。なので、冷凍食品をスーパーで購入するようにし、ご飯は鍋で炊くようにし、コンビニでは買わないように心がけるようになりました。自炊が得意なら自炊が一番なんでしょうが、私は今まで自炊をしたことがないので、冷凍食品にしています。それでもわ1ヶ月の食費は、半分に減らせています。

次に、携帯電話の支払いです。料金プランの見直しや、月額契約で自分が使っていないもの、私の場合にはdTVやレコチョクになるんですが、そちらを解約するようにしました。料金プランの見直し、月額契約の解約で、1ヶ月に2000円近く節約することが可能になりました。1年で見れば、1万円以上の節約になります。

あとは、自販機やコンビニエンスストアで飲み物を買わないようにしました。それまでは、毎日、500mlのペットボトルを4~5本買っていたので、1日に500円程、飲み物代だけでも使っていたことになります。その代わり、BRITAという浄水器を購入したのですが、飲み物を購入しなくて良くなった分、1ヶ月に15000円程の節約が可能になりました。

大きな部分を削ると生活が楽になってきます。

収入を増やすことは難しいことですが、支出を出来るだけ抑える方法は多数あります。
支出の場合は大きく支出している部分を見て、どれだけ抑えられるかを検討します。

私の場合は住宅ローンの見直しをした結果、月の支払が1万円安くなりました。
まずは、他行の金利状況を調べて、借り換え可能かを電話で聞きます。

そして、自分の借りている銀行に電話して、
さらに同じ銀行で金利を下げて借り換えが可能なのかを聞いてみます。

金利を下げることの方が、借りている側からするとかなりお得な状況ですので、
出来るなら同じ銀行での借り換えがおススメです。

同行での手数料は、1万円から2万円のキャッシュが必要で、
他行に変更となると100万からの手数料が発生してしまいます。

他に大きなところで言えば、生命保険の見直しが必要になってきます。

生命保険は総合保険の代理人に見直しを頼むと、一番自分に合った商品を選んでくれます。

毎月支払っていたお金が夫婦で3万円くらいだったモノを、
一気に1万円くらいに下げました。

一つは10年くらい掛けていた保険だったので、
15万円ほどのキャッシュバックがあり、
見直しするとそんなこともあるんだなと関心しましたね。

毎月2万円の支払いがなくなると、
年に24万円の節約になって10年で240万円の出費を防ぐことが出来るのですから、
見直してみる可能性はありますね。

これこそ、2000円でも3000円でも安くなれば良いという気持ちで、
保険を見ることで知らない間になくなっているお金を、防ぐことが出来ると思います。

お金は支出の部分を減らすことを考えましょう。